若腎虚(わかじんきょ)ドットコム 現代日本に蔓延する若腎虚(わかじんきょ)解説サイト
若腎虚(わかじんきょ)ドットコムホーム 若腎虚(わかじんきょ)ってなに? 日本人と若腎虚(わかじんきょ) 若腎虚(わかじんきょ)の原因 漢方基礎講座
ホーム > 若腎虚ってなに?
日本中医薬研究会
サイトマップ
若腎虚(わかじんきょ)ってなに?

若腎虚(わかじんきょ)とは、「まだ若いのに」「腎虚(じんきょ)の症状が出ている」ことを指します。

では、「腎虚(じんきょ)」とは?という事になりますが、簡単に言うと老化現象です。漢方の考え方では五臓六腑のひとつである「腎」は、単に西洋医学でいう腎臓のことを指すのではなく、脳下垂体、副腎、性腺、甲状腺、膵臓などのホルモン系や、泌尿生殖器の働き、免疫に対する働きなども含まれ、生命の根源ともいうべき重要な臓器とされています。また、40歳を過ぎる頃からこれらの機能の低下があらわれますが、漢方ではそういった老化に伴ってあらわれる様々な症状を「腎虚(じんきょ)」とよびます。

腎虚(じんきょ)になると

・尿漏れや頻尿
・腰や膝の痛み
・目がかすむ
・白髪や抜け毛の増加
・性機能の低下や不妊症
・免疫力の低下

などの症状があらわれてきます。

よって、「若腎虚(わかじんきょ)」とは早期に現れる老化現象のことで、原因としては

・ストレス
・食事の不摂生
・生活上の不摂生

などが考えられます。

特に現代日本に於いてはこれらの要因が重なって、「若腎虚(わかじんきょ)」と呼べるような症状や疾患に悩む方が増加しています。

漢方では「腎虚(じんきょ)」や「若腎虚(わかじんきょ)」に対しては、「補腎(ほじん)」という効果〜わかりやすく言えばアンチエイジング効果〜のある処方で対応しますが、ストレスや胃腸の状態などひとりひとりの体質にあった処方を選ぶことが重要です。

画像を拡大して見る

日本中医薬研究会