若腎虚(わかじんきょ)ドットコム 現代日本に蔓延する若腎虚(わかじんきょ)解説サイト
若腎虚(わかじんきょ)ドットコムホーム 若腎虚(わかじんきょ)ってなに? 日本人と若腎虚(わかじんきょ) 若腎虚(わかじんきょ)の原因 漢方基礎講座
ホーム > 漢方基礎講座
日本中医薬研究会
サイトマップ

「腎」と五臓六腑
<「腎」とは>

漢方でいう「腎」とは、単に腎臓のことを指すのではなく、泌尿生殖器系、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系、免疫などを含む大変幅広いものです。

・漢方でいう「腎」の機能や特徴

1.「精」を蔵す
「精」とは、生命の根源物質のようなもので人体の熱エネルギーの源である命門の火(腎陽)の燃料ともいうべきもので生命を維持するエネルギー源で、尚かつ人体を構成するあらゆる物質の基礎となるものです。人間が成長することは「精」の増加であり、老化とは「精」の減少過程であるともいえますが、この「精」は「腎」に貯えられています。

→人間の成長発育や生殖能力、老化に関しては五臓六腑の中でも「精」を貯える「腎」が大きく影響を与えることとなり、「腎は生命の根源」とも「腎は生命のコントローラー」ともいわれています。

2.水液をつかさどる
「腎」は体内の水分の管理をしており、身体に必要な水分の供給源であり、不要な水分を尿として排泄します。

→「腎虚」になると頻尿や尿量減少、夜間多尿、尿漏れなどの症状が表れます。また、特に下半身がむくみやすくなります。

3.骨をつかさどり、髄を生じ、脳に通じる
「腎」に貯えられている「精」は髄(脊髄、骨髄)を生じ、骨髄は骨格を形成して骨や歯(歯は漢方では「骨餘」)を丈夫にし、脊髄は頭に集まって脳になり頭目を聡明にします。

→腰痛や膝の痛み、骨粗鬆症といった骨の問題の多くは「腎虚」と関連するばかりか、物忘れなど脳の老化も「腎虚」と関連していることが多いです。

4.気を納める
「肺は呼気をつかさどり、腎は納気をつかさどる」とされ、「腎」は呼吸(特に吸気)に深く関わっています。

→「腎虚」になると、息を深く吸い込めないとか、ちょっと吸い込んだだけで力のない咳が続くと言った状態が表れやすくなります。

5.耳に開竅する
「腎」は聴力と密接に関わっているとされています。
→「腎虚」では、耳鳴りや難聴が発生しやすくなります。

6.二陰をつかさどり、開闔(かいごう)をつかさどる
 二陰とは、前・後陰を指し、前陰は生殖、排尿を、後陰は排便機能を指します。
→ 腎虚」は、頻尿、小便失禁、尿の余瀝、インポテンツ、こしけ、不正出血、遺精、下痢(五更瀉〜早朝の下痢)、便秘などの原因になります。

<「五臓六腑」とは>

五臓六腑とは漢方における内臓の総称で、西洋医学における解剖学的な臓腑の名称にとどまらず、それぞれが様々な機能をもち、尚かつ相互に密接に関連したものと捉えられています。

また、五臓六腑の五臓とは「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五つを指し、それぞれ内部が充実した臓器であり重要な生理的機能を持っています。六腑は五臓のそれぞれに対応した「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」の五つに「三焦」を加えた六つをいい、基本的には中が空洞で飲食物やその糟などが通過するところです。因みに「腑抜け」という言葉もここから来ています。

五臓六腑のつながり


■腎
耳・二陰/骨髄/髪/鹹/恐/寒

成長遅れ、足腰の痛み、難聴・耳鳴、頭重、めまい、貧血、高血圧、夜尿症、頻尿、不妊症、精力減退、子宮の疾患、前立腺肥大、ホルモン失調、不眠症、糖尿病、脳の老化、冷え性

■内分泌と生殖 ■呼吸(呼気) ■水分代謝 ■免疫 ■消化吸収 ■造血作用 ■運動

■肝
目/筋膜/爪/酸/怒/風

目の病気、ストレス、不眠症、高血圧、胃腸疾患、生理不順、更年期症候群、筋肉痛(手足の痙攣)、自律神経失調症、門脈循環障害(痔など)、アレルギー症候疾患

■血流量の調節 ■抗ストレス ■自律神経機能

■心
舌/血脈/顔/苦/喜/熱

血液循環障害、心臓衰弱、不整脈、心筋梗塞、健忘、脳梗塞、高血圧、息切れ・動悸、狭心症、不眠症、神経症、動脈硬化

■血液循環 ■精神神経機能

■肺
鼻/皮毛/毛/辛/悲/燥

ぜんそく、ちくのう・鼻炎、顔、上半身のむくみ、気管支炎、皮膚病

■l呼吸(呼気) ■水分代謝

■脾
口/肌肉/唇/甘/思/湿

食欲不振、下痢、めまい、肥満、出血性疾患、貧血、むくみ、低血圧症候群、胃腸障害、糖尿病、冷え性

■消化吸収 ■統血作用 ■水分代謝

日本中医薬研究会