若腎虚(わかじんきょ)ドットコム 現代日本に蔓延する若腎虚(わかじんきょ)解説サイト
若腎虚(わかじんきょ)ドットコムホーム 若腎虚(わかじんきょ)ってなに? 日本人と若腎虚(わかじんきょ) 若腎虚(わかじんきょ)の原因 漢方基礎講座
ホーム
日本中医薬研究会
サイトマップ

若腎虚の原因

<過度のストレス>

漢方では、精神的なストレスに関して主要なものだけでも以下の5つがあるとされ、それぞれのストレスが過度になると体調を崩す要因となると考えられています。

・「怒」・・・現代の言葉では「怒る」という使い方をしますが、この字の本来の意味は「奴(やっこ)」の「心」、すなわち奴隷の心を指し、「自分の思い通りにならないことに対してイライラする」といった精神状態を指します。

・「喜」・・・「喜ぶ」という意味ではなく、躁鬱病の「躁」のような精神状態を指します。

・「思」・・・今さらどうしようもないことをあれやこれや思い悩むといった精神状態を指します。
・「悲」・・・字の通り、「悲しい」という精神状態です。

・「恐」・・・字の通り、「恐れる」という精神状態です。

これらのうちで、現代社会に最も多く見られるのが「怒」と「思」のふたつで、これら
のストレスが過大になることによって、共に胃腸の機能低下を起こします。

胃腸の機能が低下するということは、飲食物の中の最も栄養の濃い部分から生成される「精」という物質(後天の精)が体内に取り入れられなくなって、「精」の減少から「腎虚」になりやすくなると考えられ、“若腎虚”の原因となります。(→「精」とは

更に「恐」というストレスが過大になると直接「腎」に悪影響を与えるとされ、「腎虚」を加速するとされています。

日本中医薬研究会